特殊清掃を依頼しよう

掃除道具

賃貸物件の場合は、相続人が原状回復の義務を引き継ぎます

孤独死や自殺などの場合は、遺族にとっては、突然のことであり凄惨な現場を直視できない場合も多いようです。しかし賃貸物件の場合は、一刻も早く原状回復しないといけません。賃借人が亡くなった部屋は、相続人が責任を引き継ぐことになります。もし原状回復出来ない場合は、相続人が損害賠償請求されることもあります。このように、孤独死して死後時間の経過した部屋や、殺人や自殺現場となった部屋を清掃することを特殊清掃と呼びます。特殊清掃するには専門業者によるプロの清掃が必要になります。清掃と言っても、原状回復するだけではなく個人の遺品整理も行います。少しでも遺族の心の傷が癒されるよう、思い出の品などを整理しながらの作業になります。又、近隣に迷惑をかけないよう配慮が求めらる作業です。

消毒、消臭がポイント

特殊清掃のポイントは消毒、消臭です。遺体は夏場だと1日、冬場でも1週間ぐらいから腐敗が始まります。腐敗とともにウジも湧き始め、体液が流れだします。腐敗と体液から強烈な死臭が漂うのです。又、臭いだけでなく体液が染みついた床は脂が染み込み、特殊な洗剤でなければ除去できません。フローリングを通り越し、コンクリート面にまで体液が染み込んでいることもあるようです。ですので特殊清掃には専用の機器と手作業による地道な作業が必要です。それでも脱臭完了までには2週間程度かかることもあります。原状回復にあたり、物件のオーナーへの説明なども業者が行ってくれます。万が一トラブルに発展しそうな場合には弁護士も紹介してくれるようです。

© 2015 ハウスクリーニングでピカピカキレイ|業者に依頼しよう. All Rights Reseverd Template by W3layouts